肝斑 美容液

肝斑には美容液がいいの?

肝斑は口の周りにできやすいと言われているシミ。

 

一般的なシミの原因は紫外線によるものが大きいのですが、肝斑の原因は女性ホルモンの働きが原因とされています。

 

そのため、女性ホルモンの働きが弱くなる30代からできやすくなるようですね。

 

ただ、肝斑と一般的なシミの見分け方は?というとなかなか難しく自分で見分けるのはちょっとむずかしいので、肝斑かどうかは皮膚科など専門の方に見分けてもらようにしましょう。

 

唯一特徴としてあるのは左右対称にできるということのようです。

 

肝斑は普通のシミに比べて刺激にとても弱いのでこするなどするとひどくなります。

 

口周りに出来ているシミは肝斑の可能性があるので、洗顔などのときに刺激を与えないように注意してくださいね。

 

また出来てしまったシミに効果が高いレーザー治療などは、肝斑に対しては行っては行けない治療のため注意が必要です。

 

最近では肝斑にも大丈夫なレーザー治療もあるようですが、料金の面ではちょっと・・・と言う感じですね。

 

やっぱり肝斑といちばん相性がいいのは美白美容液だと思います。

 

とくに潤い効果も優れていて美白効果も高い美白美容液で肝斑対策がいいと思いますよ。

 

 

⇒肝斑にもオススメの美白美容液

 

 

肝斑にオススメの美白美容液

肝斑にオススメの美容液の成分として有名なのがハイドロキノン。

 

シミの消しゴムとも呼ばれ、出来てしまったシミにも効果のある成分として知られています。

 

以前は医師の処方がないと使用できないものだったんですけど、今では美白化粧品にも配合される成分となりました。

 

ただし、このハイドロキノンは成分の安定性が悪く、またそのまま配合したとしても、浸透力が悪いため、肌の奥に浸透することが出来ない成分なんですね。

 

そこで、このハイドロキノンの安定性を良くして、肌への浸透力も高めたのが新安定型ハイドロキノン。

 

この新安定型ハイドロキノンを世界で初めて化粧品に配合したのがアンプルール。

 

諦めていたシミにアンプルールを使った人の喜びの口コミが多数のアンプルールは肝斑のシミにも効果を発揮してくれると思いますよ。

 

 

⇒肝斑のシミにアンプルールの美白美容液